タオ島でおすすめのビーチ、タノート・ベイに行くべき3つの理由

こんにちは。みき(@mikimon_jp)です。

南国の島に行くとビーチがありすぎてどこのビーチに行けばいいのかわからない!
なんて悩んでしまいますよね・・

今回私が訪れたのはタイのタオ島!その中でもお気に入りすぎて滞在中に何度も足を運んでしまったタノートベイ(Tanote Bay)について紹介したいと思います。

[adchord]

スポンサーリンク



タオ島でおすすめのビーチ、タノート・ベイに行くべき3つの理由

理由1:Tanote Bayの目玉?8mのジャンプロック


これがこのビーチにあるジャンプロック。岩の左手前の低いところから登り右の低いところから飛び降ります。

岩にはご丁寧に登る用の紐付き。

写真だと高くは感じませんが、なかなかの高さです。地元の人がいうには8mあるとか。(8mはさすがに盛ったでしょ!って感じも否めませんが。)

岩の近くで泳いでいると、続々男の人が(たまに女の人も)飛び込みにきます。割とビビっている人も多いですが、みんな楽しそうにしてます。

dummy
みき

私は高いところ苦手なんで飛びませんでした。ええ。

でも近くで見てる分には楽しかったです。旦那は喜んで何周もしてました。

理由2:手軽に沢山の魚とシュノーケリングが楽しめる!

他のビーチは海の底が砂の場所が多いです。

しかしここは岩だらけ。ということは魚が沢山いるんです。


こんな感じの、南国を感じさせるカラフルな魚が探さなくても潜るだけでそこら中にいます。

小魚だけでなく、指先から肘くらいの割と大きな魚もいましたよ!

ジャンプロック周辺では休める岩場があるので、泳いで疲れたらそこで休めます。ジャンプロックから先に行かない限りは泳ぎ疲れても安心です。

と言うことで載せられる写真の数は少ないですが・・笑

浅いところでパシャパシャ遊びたいって人には不向きかもしれませんが、泳いで魚が見たい
!って人ならしっかり楽しんでもらえます!

理由2.5:波が強くない

ジャンプロックの手前あたりはすでにガッツリ深くなっているのですが、ジャンプロックがあるおかげでその辺りでプカプカしてても沖に流される心配がありません。

理由3:普通にまったりビーチとしても素晴らしい


日の出の時間のタノートベイ。

私たち以外には1組のカップルが朝ヨガをしているだけでした。なんだかいい雰囲気^^

昼間は割と人はいますが、それでも日本のビーチのようなゴミゴミさはまずないので、全然快適です。


お犬様があちこちにいますが、とにかくフレンドリー。たいていは穴をほって自分のベッドを作り、まったり寝そべっています。

かわええ。

タノート・ベイで泳ぐ際の注意点

浅い場所から岩が多いので足を怪我しやすいです。泳ぐときには注意。

マスクやゴーグルがあるなら浅瀬では特に足元を見て気をつけながら進むといいです。

タノート・ベイについて

持ってくといいもの

・シュノーケリングマスク
・タオル
・サンダル
・寝転ぶ用マット
・日焼け止め

シュノーケリングマスクは街で250B〜(約870円程度〜)で買えます。

入場料

無料

(スクーターの駐車場も無料)

営業時間

門などはないのでいつでも開いてます

場所

Gulf of Thailand, タイ

行き方

スクーターを借りる

レンタルが150B〜(約520円〜)とかなりの破格です。

しかも、タオ島では国際免許証なしで借りられます。それもなかなか怖いですね。タオ島でスクーターがあるととにかく便利なのでおすすめしたいところですが、レンタルは自己責任で。

タクシーを使う

街から乗合タクシーに乗る。(屋根なしのトラックです)

乗合いタクシーは人数によっても値段が変わってくるので乗る前に場所を伝えて料金は要確認です。

乗り場は港やセブンイレブン前。タクシーの運転手がお客さんを待っているので声をかけて乗ります。かなり飛ばしてるので走っているタクシーをつかまえるのは難しいです。

徒歩

主要な街からは1時間半以内が目安です。

景色もいいので歩くのは楽しそうですが、タイの暑さの中1時間超えて歩くとなるとさすがに根気が必要になりますね。

タオ島のおすすめビーチTanote Bayまとめ

タオ島には沢山の美しいビーチがありますが、タノート・ベイはそんな中でも特にアクティブにビーチを楽しみたい方にはぴったりなビーチでした!

タオ島に行くならぜひ立ち寄ってみてくださいね!

この記事を書いた人

みき

みき

1990年生まれ
カナダ暮らしWEB系フリーランス

楽しみのない毎日に萎え|勢いで2016年カナダワーホリ|その後アメリカ生活・バックパッカー→カナダ移住|リモートワークの重要性を知る|プログラミング学習開始から4ヶ月初収益10万円|海外生活/旅/英語ネタ/フリーランス1年目の生活について綴ります